607 16:15~16:55
データ活用を支える新たな基盤「ロジカルデータウェアハウス」ご紹介
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITプラットフォームビジネス推進第2部 データレイクビジネス推進課 エキスパートエンジニア
後藤 真人
企業の業績を伸ばすための新たな施策としてデータ分析、活用が唱え続けられています。しかしながら時代の流れとともに扱うデータの量、種類が飛躍的に増えており、従来型のデータ基盤では対応できないケースが増えてきました。本セッションでは、データウェアハウスやデータレイクに関する個々のトレンドに触れるとともに、それらを連結し有機的に活用していくための手法である「ロジカルデータウェアハウス」がなぜ必要になるのかについて解説します。