スポンサー展示

展示コーナー(スポンサー展示、オープンハウス):12:00~19:30

ISID展示(オープンハウス)

CAEとDeep Learningにより実現するGenerative Designソリューション
 
新世代の自動最適設計技術である「Generative Design」の実現に向けた取り組みとして、汎用CAEツールと深層学習技術を連携した例を紹介します。
1DCAEを活用したモデルベース開発の推進
 
1DCAEを中心とし、技術ばらしや3DCAEと連携させることで上流から下流まで一気通貫したプロセスを構築。モデルベース開発を推進します。
操作機械の挙動を再現するリアルタイムシミュレーター
 
デジタルツインの1つの手法として、人の操作を含めた機械挙動をリアルタイムシミュレーターを用いて再現します。展示デモ機で操作体験できます。
電磁場解析を中心としたマルチフィジックス/スケールでのMBD事例
 
センサによる知能化など活用領域拡大により、MBDでの電子機器評価の重要性が増しています。
電磁場解析を中心としたマルチフィジックス/スケールでの事前検討事例を紹介します
メッシュレスの流体解析ソフトウェア
 
XFlowは格子ボルツマン法を用いた流体解析ソフトです。空力、ギアによるオイル掻き揚げ、横風の影響を考慮した自動車の走行などの解析事例を紹介します。
クラウド型 CAEサービス
 
使いたい時に使いたい分だけ利用可能なクラウド型CAEサービスをご紹介いたします。計算時間の短縮、コスト削減、解析品質向上を実現します。
設計者CFDの実現
 
NX CAD完全統合型の熱流体解析ソフト「FloEFD for NX」は、抜群の操作性によって設計者のCFD(流体解析)活用を実現します。
開発を見える化する
 
開発業務を技術・業務・判断の3軸で見える化し、製品およびプロセスの品質を向上させるISIDグループ開発の支援ツール「iQUAVIS」についてご紹介します。
iQUAVIS-1DCAE連携による着実・スピーディな設計根拠構築手法
 
製品の成り立ちを見える化する「iQUAVIS」に1DCAEを連携させ、設計上流段階で早く・着実に設計根拠を構築する手法をご紹介します。
QFD-Advanced ~技術の「見える化」から「使える化」へ
 
QFDを進化させ、複数の知見活用の目的に応じて各種品質管理手法(FMEA、DRBFM、品質工学、FTA等)と連携し、活用する方法をご紹介します。
iQUAVISとGoldfireの連携による社内外知見のフル活用
 
社内外に散在する技術知見を、如何にして商品化プロセス全体で活用するか?iQUAVIS×Goldfire連携ソリューションがご支援します。
AI技術ばらし(CALC×iQUAVIS)
 
因果関係がわかる、最適制御範囲がわかる、最先端のAIを活用した技術ばらしをご紹介します。
解析関連情報の有効活用
 
解析業務で発生する情報の活用、解析計算のジョブ管理・自動化環境の構築から、iQUAVISと連携した評価項目抽出の精度向上の仕組みをご紹介します。
高度な実験技術と解析技術の統合によるNV-Dソリューション
 
『実験』と『解析』そして『AI』を活用し、Noise、Vibration、Dynamicsの分野で進化と拡張を続けるエステックの技術ソリューションを提供します。
グローバルR&D戦略における海外拠点進出、活用サービス
 
製造業のグローバルR&D戦略を支援するISID海外現法(中国、タイ、インドネシア、台湾等)と連携したサービスをご紹介します。