サミットについて About

スマートコミュニティとは、再生可能エネルギーやコージェネレーション等の分散型エネルギーを用いつつ、ITや蓄電池等の技術を活用したエネルギーマネジメントシステムを通じて、エネルギー需給を総合的に管理し、エネルギーの利活用を最適化する社会システムのことを指します。
スマートコミュニティの重要な構成要素である再生可能エネルギーは、現在世界中で導入が進み各国ではそれぞれの電力市場や制度、設備を含むエネルギーシステムの状況に応じて様々な取組みを行っていますが、再生可能エネルギーへの対応という本質的な部分は非常に似通った状況にあります。
そこで本サミットでは、欧米や日本の再生可能エネルギー導入拡大の最新動向を紹介することで世界の再生可能エネルギー対策が目指す方向性や、今後起こり得る新たな展開について展望します。

お申込み

プログラム Program

講演内容・講演者

  • 10:30 - 10:50 主催者挨拶

    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    理事長 古川 一夫

    スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA) 会長/
    三菱電機株式会社 取締役会長 山西 健一郎

  • 10:50 - 10:55 来賓挨拶

    経済産業省
    **調整中** 

  • 10:55 - 12:30 基調講演
    最新の国際的なエネルギーシステムの変革の全体像について、紹介する。

    モデレーター
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    スマートコミュニティ部 部長 有倉 陽司

    講演
    欧州におけるエネルギーシステムの最新状況(仮)
    ベルリン工科大学 教授
    電気工学・コンピューター科学学部 Sustainable Electric Network and Sources(SENSE) 座長 Kai Strunz 様

    米国におけるエネルギーシステム関連の概要と最新情報
    ライリーアソシエイツ社
    プリンシパルコンサルタント Jim Reilly 様

    日本におけるエネルギーシステムの国際標準化動向(日本のスマートグリッド国際標準化の方向性とJSCAの活動)
    同志社大学 大学院理工学研究科 客員教授/
    JSCA国際標準化ワーキンググループ 座長 合田 忠弘 様

  • 13:30 - 15:15 Session1. PV普及への対応 ~日本が志向する再エネ対策の特徴
    PVの拡大・分散化に伴う系統安定化問題への対策案について、日本の方向性を欧米と比較しながら紹介する。

    モデレーター
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    スマートコミュニティ部 統括研究員 吉川 信明

    講演
    PVに関わる国内状況と海外事例(仮)
    一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)

    九州電力における再エネ接続の現状と今後の対応
    九州電力株式会社
    送配電カンパニー 電力輸送本部 副部長 兼 運用計画グループ長 本郷 賢和 様

    **調整中**
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
    スマートコミュニティ部 統括研究員 兼 蓄電技術開発室長 細井 敬

    電気自動車を用いた対策(仮)
    株式会社日立製作所
    IoT推進本部 グローバルプロジェクト推進本部 本部長 江村 文敏 様

※講演内容は事前の予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

開催概要 Outline

名 称 スマートコミュニティサミット2017
会 期 2017年6月8日(木)~6月9日(金)
会 場 東京ビッグサイト 会議棟1階 レセプションホールA
主 催 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、
スマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)
後 援 経済産業省、グローバル・スマートグリッド・フェデレーション(GSGF)
参加費 無料(事前登録制)
昨年度の報告 http://www.nedo.go.jp/events/report/sc_summit2016.html
Smart Community Summit 2017
お申込み