現在、国内でもIndustrie 4.0やIoTなどのコンセプトに従い、最新技術を生産装置、生産現場、並び開発業務などに適用する取り組みが始まっています。従来のモノ作り、改善活動だけでは、国際競争力が維持できなくなってきています。

このような背景において、次のような課題に対応するために機械や装置のアプリケーションの標準化が重要になります。

  • 顧客要求の早期反映
  • 開発期間の短縮
  • デジタル化ソリューション対応
  • 品質改善
  • 海外サポート体制の確立

本セミナーでは、下記テーマを元にアプリケーションを標準化することの重要性やメリットを、デモ機を交えて紹介します。この機会にご参加をお待ちしております。

  • 制御設計の標準化手法
  • 標準化を活用するライブラリコンセプト
  • サンプル装置を使った標準化事例紹介
  • デジタルプラットフォームの標準化動向
  • 迅速な装置サポートに対応するリモート診断の活用

FAアプリケーション標準化セミナー

お申込み

プログラム PROGRAM

時間 アジェンダ
10:30 - 10:35
オープニングスピーチ
10:35 - 11:00
なぜ標準化が必要なのか
11:00 - 12:00
制御設計の標準化コンセプトの紹介
12:00 - 13:00
昼食休憩
13:00 - 14:00
デモ機を使った標準化例の紹介
14:00 - 14:20
さらなる効率化に向けた取り組み
14:20 - 15:00
標準化適用事例の紹介
15:00 - 15:20
休憩
15:20 - 15:50
デジタルプラットフォームの標準化動向
15:50 - 16:20
迅速な装置サポートに対応するリモート診断の活用
16:20 - 16:35
質疑応答
16:35 - 16:40
クロージングスピーチ
16:40 - 17:40
懇親会
ささやかながらビュッフェ形式の懇親会の場を設けております。ぜひご参加ください。

※プログラムは予告なく変更となる場合がございます。

本セミナーは次の様な方を対象としています。

  • PLCを使用した制御システム設計に携わっている方
  • PLCプログラムの部品化/構造化/再利用化を推進(又は検討)されている方
  • PLCのプログラミングご経験者

FAアプリケーション標準化セミナー

お申込み
セミナー名 FAアプリケーション標準化セミナー
会場 TKP名駅桜通口カンファレンスセンター
ホール3Dmore
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-13-5
名古屋ダイヤビル3号館 3階
開催日時 2019年4月19日(金)
10:30-17:40(受付開始 10:15)
参加費 無料(事前登録制)
  • 名古屋市営東山線 名古屋駅 3番出口 徒歩3分
    名古屋市営桜通線 名古屋駅 ユニモールU2番出口 徒歩3分
    JR東海道本線 名古屋駅 桜通口 徒歩6分
    近鉄名古屋線 近鉄名古屋駅 徒歩8分
    名鉄名古屋本線 名鉄名古屋駅 徒歩7分